ベルラスダイエットは、自分をいたわり、大切にするダイエットです。

  • wpadmin
  • 12月 3, 2021
  • 536

【東京都・50代・事務職・荒井芳江様】

体重ー7.9Kg、体脂肪率ー3.7%

◆ベルラスダイエットに出会うまでの状態を教えて下さい◆

ベラルスに出会う前は、子供の反抗期突入と同時に更年期の症状であろう、イライラや、抑うつ、手足の浮腫どころか、顔まで浮腫がありました。
ストレスで甘いものをたべすぎたり、仕事で疲れ過ぎて家事の両立ができずに、食事はお腹が空き過ぎて早く食べたいので、外食やレトルト、コンビニ弁当や菓子パンで済ませて しまうこともたびたびありました。
その結果、タンパク尿や血圧も200超え、体重もどんどん増え続けてしまいました。 医師からはこのままでいくと、糖尿病から腎臓を悪くして透析になり、肥満から膝を悪くして車椅子になる生活になるよ、と脅されてしまいました。
この先、糖尿になったらおいしいものをたべることが制限され、透析になったら長期の旅行にもいけないし、子育てや介護から卒業しても、自分の楽しみが一切ない悲惨な老後になると思いました。

◆始める前はどんな不安がありましたか?◆

以前、鈴木その子の油抜きダイエットをやり、めちゃくちゃ大変だったので、果たして食事改善を続けることができるのかとの不安がありました。

◆ベルラスダイエットを終えて・・◆

元々栄養に関しては興味があり、組み合わせなどを勉強していたので、わかりやすく実践できたとおもいます。
気持ちの変化は、ものすごいものがありました。 今までの自分の生き方の反省と自身の性格の傾向性に向かいあうことができました。
とくに、付き合いたべや、残り物を食べてしまうもったいない食べに対して、ゴミを食べてるということばに衝撃をうけました。 自分ファーストというのもびっくりでした。
ベラルスのダイエットは、自分を犠牲にするのではなく、最高に自分をいたわり、大切にするダイエットだと感動しました。

◆ベルラスダイエットに出会わなければ今頃どうなっていましたか? ◆

太っていることに対して、諦めと自虐ネタとして周囲に笑いをとっていたとおもいます。
また、身体がだるく、寝たり起きたりの生活をしていて、こんなはずじゃなかったといいながら、お菓子三昧の生活だったとおもいます。

◆サービスの内容はいかがでしたか? ◆

グルコンになかなか参加出来なかったのは、残念でしたが、サポーターさんの叱咤激励で続けることができて、よかったです。
サポートがなければ、中々続けることは出来なかったと思います。

◆最後に一言お願いします◆

自分を大事にするという、生き方そのものがかわりますよ。